本文へスキップします。

H1

派遣とは?

アンカーリンク
コンテンツ

派遣の仕組み

派遣の仕組み

人材派遣とは、労働者が派遣元企業(人材派遣会社)に雇用され、派遣先企業で働くことを言います。派遣先企業に出勤し、派遣先企業の指揮命令に従って業務を行います。雇用主はあくまでも派遣元企業ですので、お給料は派遣会社から支払われます。

一般派遣、紹介予定派遣の違い

派遣は、一般労働者派遣、紹介予定派遣の2つに大別されます。

一般派遣 < 派遣社員として派遣先企業で働く >

一般派遣とは、労働者は人材派遣会社(派遣元企業)に登録している人が、その紹介先の企業(派遣先企業)に派遣され、一定の期間を定めて就業する仕組みで、「登録型派遣」とも呼ばれます。

一般派遣の場合は、まずは派遣会社に登録、その後お仕事が決定し、それに合わせて雇用期間が決まります。 派遣元企業である人材派遣会社との雇用関係は、派遣先企業で就業している期間(派遣契約期間)中のみ発生することとなり、派遣先でのお仕事が終了した場合は、派遣会社との雇用も一旦途切れます。

派遣契約期間中は、派遣先企業に出勤し、派遣先企業の指揮命令に従って業務を行います。 一般に「派遣」と呼ばれているのは、この「一般労働者派遣(登録型派遣)」です。

一般派遣~派遣社員として派遣先企業で働く~

紹介予定派遣 < 派遣先企業の正社員を目指す >

紹介予定派遣とは、派遣社員として企業で働いた後、双方合意のうえ正社員や契約社員に登用される制度です。
派遣期間中に、仕事内容や職場の雰囲気を確認でき、自分に合っているかどうかを見極めることができます。

紹介予定派遣~派遣先企業の正社員を目指す~

派遣のメリットとデメリット

派遣のメリットとデメリット

派遣社員という働き方には、働く人の考え方によって、メリット・デメリットのどちらにもなりうる働き方と言えます。ここでは一般的に「派遣」と言われる、一般労働者派遣(登録型派遣)でのメリット・デメリットを考えてみましょう。

派遣のメリット
  • 職種や仕事内容を選べる
  • 勤務地・勤務時間・曜日などを選べる
  • パートやアルバイトよりも時給が高い
  • いろいろな企業や業務を経験できる
  • 仕事上での不安や問題を派遣会社がフォローしてくれる
  • サービス残業が無い
  • 未経験でも働ける仕事があり、チャンスが多い
  • 人間関係に気を使わなくて良い
  • プライベートやライフスタイルを大切にできる
派遣のデメリット
  • 希望に合った仕事の紹介が常にあるとは限らない
  • 仕事と仕事の間に期間が空くことがある
  • ボーナスや退職金が出ない
  • 重要な仕事を任されにくい

派遣のメリットは「自由!」

自分の希望する条件に合わせて、職種や仕事、勤務地などを自由に選ぶことができ、将来の目標や家事・育児、趣味などのプライベートやライフスタイルを優先しながら、効率の良い働き方ができるのが、派遣の大きなメリットと言えます。
スキルや労働条件によって、正社員よりも多い収入を得ている派遣社員の方も多くいます。

派遣のデメリットは「不安定…」

正社員と違い、常に雇用が保証されない一般派遣社員。前のお仕事の終了後に、次のお仕事がスムーズに決まらないと、ブランクが空くことも。収入面や社会的地位に関して、不安定さを感じている方も多いようです。
スキルや能力の高い方、人柄の良い方、がんばりやさんの方など、良い人材にはたくさんのお仕事が紹介される機会も多いので、必要とされる人材であることが、不安を解消する大事な要素になります。

【全】転職市場ページにリンク