本文へスキップします。

H1

派遣就業中のお仕事

アンカーリンク
コンテンツ

欠勤・遅刻・早退について

欠勤・遅刻・早退について

急な病気やケガなどの理由でやむを得ず欠勤、遅刻、早退をする場合は、必ず事前に弊社担当者と派遣就業先企業の担当者に連絡を入れてください。
無断での欠勤、遅刻、早退は派遣就業先企業にご迷惑をお掛けするだけではなく、場合によっては派遣契約の解除につながってしまうケースもありますので、十分お気をつけください。
日頃からの体調管理がとても大切です。

勤怠については、入社時に担当営業から詳しくお伝えいたします。

残業・休日出勤について

残業・休日出勤について

残業(時間外労働)や休日出勤をした場合、労働基準法の規定通りにお給料が支給されます。
「1日8時間/1週間40時間」という法定労働時間を越えて就業した場合には、通常の賃金に対して25%以上の割増賃金(時間外労働手当て)を支払うよう義務付けられています。
休日や深夜の労働に関しても各々賃金の割増率が定められていますので、ご就業の際には弊社担当者までご確認ください。

産休・育休について

産休・育休について
産前・産後休暇

産前産後の休暇は労働基準法の定めるところに従い取得いただけます。ただし、当該期間は無給となります。
尚、産休中の収入減に対する手当として、健康保険で対応できる「出産手当金」が利用できます。

<育児休暇 >
育児休暇は認められる条件(別掲)を満たしている方に適用できます。 1歳に満たない赤ちゃんを養育するための休業期間で、女性にも男性にも認められています。
【派遣社員の育児休暇が認められる条件】
■同一の事業主に引き続き雇用された期間が1年以上であること
■子どもが1歳に達する日を超えて引き続き雇用されることが見込まれること
※詳しくは事前に弊社担当者までご確認ください。

育児休業給付金

育児休暇中の収入手当てとして雇用保険で対応できる「育児休業給付金」が利用できます。
通常は赤ちゃんが1歳になるまでの適用ですが、個別の事情によっては1歳6ヶ月まで利用が可能です。

仕事中に怪我をしたとき

仕事中に怪我をしたとき

お仕事中や通勤途中に怪我をしたときは、まずは安全確保と応急処置を優先してください。
その後、弊社担当者と派遣就業先企業の担当者に連絡を入れてください。
※就業先企業での怪我の場合は、可能な限りその場で派遣就業先企業の担当者に連絡を入れるようご注意ください。
医療機関での受診の際には、健康保険を使わず、労災保険扱いで診療を受けてください。受診、治療、入院などの費用について労災保険から支払われます。

労災保険

労働者が仕事中や通勤途上に怪我をしたり、病気になった場合、死亡してしまった場合などに被災労働者またはその遺族に対して所定の保険給付を目的とする労働保険制度です。

仕事をやめたいとき

仕事をやめたいとき

お仕事をやめたいと思った時は、まず弊社担当者までご相談ください。
事情をお伺いし、内容や状況によっては、スタッフ・弊社担当者・派遣先企業担当者での三者面談を行い、解決できるケースもあります。
退職が決定した場合は、退職の手続きを進めたり、次のお仕事をご紹介させていただいたりとフォローをさせていただきます。

派遣先での悩み、トラブル

派遣先での悩み、トラブル
担当者が親身に対応いたします

お仕事をしていると様々な悩みを抱えたりやトラブルに遭遇することがあります。お仕事や職場環境が合わない、人間関係がうまくいかない、などご相談をいただきます。
問題はそのままにすると仕事が続かなくなったり、病気がちになるなどより大きな問題に発展してしまうことがあります。
就業スタッフの方のお悩みやトラブルをの解消をお手伝いし、しっかりお仕事をしていただく環境を作ることは弊社の大切な役割だと思っています。
些細なことでもまずは弊社担当者までご相談ください。

担当者には話しにくい……

担当者とのすれ違いや、デリケートな問題で担当者には話しにくいと感じるときは、ご相談専用受付「ワークライフサポート」をご利用ください。
派遣就業先でのお悩み、派遣に関する不安や疑問、弊社担当対するご不満、その他弊社サービスに関するご意見、ご要望、クレームなど、どんなことでもご相談ください。
この専用窓口はスタッフ登録済みの方にだけご案内をしています。
様々なご意見をいただきながら、弊社サービス向上に役立てています。

【全】転職市場ページにリンク