本文へスキップします。

H1

代表メッセージ

コンテンツ

キューアンドエーワークスは、人と企業の幸福な出会いをサポートします。

キューアンドエーワークス株式会社 代表取締役 池邉 竜一

人は、仕事の場があってこそ、働くことができます。企業は、働く人があってこそ成り立ちます。 個人が能力を発揮し、働くことの喜びを感じながらさらなる成長を図ることのできる仕事にめぐりあえた時、その人材は企業の優れた戦力となり、発展に貢献することになります。個人の満足度と成長は、企業の満足度と成長でもあるのです。
キューアンドエーワークスは、人と企業の幸福な出会いをサポートする企業です。

一方、ビジネスのフィールドが国境を越えて広がり続ける今日、国際競争の中で企業が求めるものは、グローバルな視点と業務効率の向上です。

2000年以降、インターネットの登場、そしてスマートフォンの普及により、企業は地球規模で24時間の対応を考慮しつつ、国内の24時間動き続ける市場にも俊敏な対応が求められるようになりました。 それに伴い、働いている私たちも24時間+24時間、つまり毎日48時間相当の市場動向を、わずか8時間の労働時間の中で効率よくカバーすることが必須となっています。

この時代の流れを鑑み、キューアンドエーワークスは、RPA(Robotic Process Automation)のデジタルレイバー『RoboRoid』を通じて、限られたリソースを有効活用するための「定型」業務の自動化の検討、「非定型」業務の棚卸しなど、業務設計を再定義し、各企業の「働き方改革」を推進していきます。
また、単にRPAロボットを開発・導入するだけでなく、その開発ができる人材やRPAロボットと一緒に効果的に仕事ができる人材の育成もしています。
デジタルレイバーを「部下」とする、人とロボットとの未来型の働き方、そして新しい価値をお客様と共に創造していきます。

人として、企業として、本当に必要な仕事のあり方とは何か。
われわれキューアンドエーワークスは、常にグローバルな視点に立ってあらゆる面からその答えを模索し、総合的な判断を重ね、自身をもって「ベスト」といえるサービスをご提供し続けます。

キューアンドエーワークス株式会社
代表取締役 池邉竜一