お知らせ

システム科学と協業、 RPA導入をサポートする「RoboRoid-HIT.s」のサービス化始動 ~「働き方改革」におけるホワイトカラー業務の平準化を推進~

【プレスリリース】

お知らせ
[2017年12月20日]
[キューアンドエーワークス株式会社
株式会社システム科学]


イメージ



キューアンドエーグループで人材ソリューション事業を展開するキューアンドエーワークス株式会社(代表取締役社長:池邉竜一、本社:東京都渋谷区、以下キューアンドエーワークス)は、株式会社システム科学(代表取締役社長:石橋博史、本社:東京都文京区、以下システム科学)とサービス提携し、キューアンドエーワークスが2016年1月から展開しているRPA導入支援サービス「RoboRoid(ロボロイド)」に、システム科学が提供する業務プロセス可視化およびチャート作成システム「HIT.s(ヒット)法※1」を取り入れたRPA業務可視化サービス「RoboRoid-HIT.s(ロボロイドヒット)」の開発に着手し、2018年3月より提供開始いたします。

国が提唱する「働き方改革」は、企業活動において今や、雇用や労働、オフィス環境、ダイバシティーなどさまざまなカタチで推進されています。特に企業内における生産性向上においては、ICTやAIなどの導入により自動化がおこなわれ、人的労働の関わり方が大きく変化し始めています。キューアンドエーワークスが提供するRPA導入支援サービスもその一つで、これによりRPAを活用するニーズが高まってきています。
このような中、RPA導入における課題もあり「RPAに適用させる業務がわからない」「RPAの導入効果が分かりづらい、うまく効率が上がらない。」「RPAの管理ができない。」などの理由により、社内の導入や運用がうまく進まないケースも増えてきています。

そこでキューアンドエーワークスは、お客さまの導入前後の課題を解決すべく、システム科学が提供するオンプレミス版の「HIT.s(ヒット)ツール」とWeb学習の「HIT.s(ヒット)e-ラーニング」を組み入れ、RPA導入の企業向けにサービス開発することにしました。本協業により、会社全体の業務の見える化を実現すると共に、ホワイトカラー業務全体の平準化を目的に、RPA導入前後における効率的な導入サポートを強化していきます。
また今後、キューアンドエーワークスとシステム科学は、RPAを通じ「HIT.s(ヒット)法」利用における企業内のBPR(Business Process Re-engineering)からBPM(Business Process Management)への対応を加速化すべく、業務の見える化や平準化をサポートするカウンセル人材の支援体制を50名規模からスタートし、「HIT.s(ヒット)法」の活用を増やしていくと同時に、クラウド版ツールのサービス化に向けた開発もおこなっていきます。

キューアンドエーワークスは今後も、多様な働き方が可能となった社会において、市場で急拡大しているRPAを『労働力不足の切り札』とする人材ソリューションサービスを提供し、社会全体の雇用創出に貢献してまいります。

【「RoboRoid-HIT.s((ロボロイドヒット))」サービス概略】
・RPA導入時のおけるフィッティング支援の一つです。
・サービス提供開始:2018年3月予定
・RPA導入支援サービス「RoboRoid(ロボロイド)」サイト: https://roboroid.jp/

※1:「HIT.s(ヒット)法」とは

株式会社システム科学が提唱する、日本企業の課題である「業務の生産性を短期間に高めること」に成功している画期的ノウハウです。残業時間規制、同一労働同一賃金(非正規の処遇)、柔軟な働き方(テレワーク)等々の他に、今後新たな対策を求められる「働き方改革」の本質を実現できる唯一のソリューションです。
HIT.s 法は、 「チャート作成システムおよび業務プロセス可視化法」として2010年に特許を取得しており、またアメリカの経営学者であるP.F. ドラッカー氏から「日本人だからこそできる技術」と評価され、称賛も受けた株式会社システム科学の独自技術です。大手企業を中心に、960箇所以上で採用され、15,000本以上のツールが導入されています。
 ◎特許No:第4463324号/発明の略称:チャート作成システム及び業務プロセス可視化法

<キューアンドエーワークス株式会社> https://www.qaworks.co.jp/

人材派遣・技術者派遣、BPO・アウトソーシングに加え、ロボティック・プロセス・オートメーション(Robotic Process Automation[RPA])を持ちえたヒューマンリソースとAI・ロボットを組み合わせたハイブリット派遣など、企業ニーズに合わせた幅広いサービスを事業展開する人材総合会社。人材調達面においては、独自開発し、一般企業にも外販する適正診断ツール「FORTUNA」を用いて、仕事とアサインする人材の好適なマッチングを実現。2015年7月より、キューアンドエーワークス株式会社(旧社名:株式会社アークパワー)に社名変更し、キューアンドエーグループとして船出する。
2015年4月に第1期“優良派遣事業者”に認定される。

<株式会社システム科学> https://www.ss-hit.co.jp/

1986年3月の創業以来、業務の可視化技術と支援ツールを研究、実践のうえ実用化し、独自の業務革新手法・ツールである「HIT.s法およびHIT.sツール」を開発し、2010年に特許を取得。同手法とツールを用いた、ダイレクト支援による経営・管理・業務のカウンセルを提供するほか、企業の規模を問わず、より多くの企業及び個人に活用頂くことを目指し、2017年より「HIT.s e-ラーニング」を開始。

【本リリースに関するお問い合わせ】

本文に記載されている連絡先にお問い合せください。
その他のお問い合せは、[お問い合せフォーム]からご連絡をお願いいたします。

お問い合わせフォーム