オンカジ業者の口コミを徹底削除!24時間直ぐにあなたの口コミが即反映します!

DOA2!意外に面白そうなオンカジのデッドオアアライブ2を調査!

DOA2!意外に面白そうなオンカジのデッドオアアライブ2を調査!

Dead or Alive2(デッドオアアライブ2)の解説

Dead or Alive2(デッドオアアライブ2)の解説

どうせオンカジで遊ぶのであれば、気分が楽しくなるゲームで遊びたい。

そんな方々に人気を博しているのが「doa2」と言うゲームです。

「DOA2」だけ見ると良く分からないですが、デッドオアアライブ2と言うオンカジののスロット略称であり、多くのオンカジファンが今回のゲームを楽しんでいます。

なお同名である家庭用ゲーム機で販売されているコーエーテクモの「デッドオアアライブ」シリーズとは一切関係ありません。

今回は「DOA2」と言った名称で、ゲーム性等をチェックしていきたいと思います。

「DOA2」とは?

「DOA2」とは冒頭でもお伝えしている様にオンカジで遊べるデッドオアアライブ2のスロットです。

デッドオアアライブ2のスロットと言うと、日本のゲーム好きの人からすると「美少女」が出てくるイメージがあるかもしれませんが西部劇が舞台の硬派で設定もしっかりとしており内容も抜群。

オンカジで定番であるビデオスロットと相性が良くジャンルとしては間違い無い部類に入ると思います。

「DOA2」は正式名称の「Dead or Alive 2 Slot」の頭文字を取った部分にある事から、マニアな人達から親しみを込めて省略して呼ばれています。

今回のシリーズは「2」ですので気が付いている方もおられると思いますが、前作のデッドオアアライブの続編としてNetEntから出ているオンカジスロットで今作も相変わらず人気を博している事で有名です。

ちなみに「DOA2」は、デモバージョンもありNetEntの公式サイトから、手軽に遊ぶ事が出来ます。

初めて「DOA2」シリーズで遊んでみたいと言った方にとっても、魅力的なゲーム性になっているのでは無いでしょうか。

「DOA2」の設定をチェック!

「DOA2」の設定を確認していきます。

まず「DOA2」のスロットのリール数は「5×3」でペイライン数は9となっております。

シンプルな設定ですので、遊び馴れている方でもビデオスロットが初めての初心者でも、安心してプレイする事が出来ます。

そして重要なペイアウト率ですが、これは96.82%となっており。公式発表のデフォルトですので、意外に高い部類かと思います。

次にベット金額 (Min~Max)をチェックすると最低が0.2ドルで最大100ドルになっております。

危無い賭け事に首を突っ込まなくて良さそうなので、この辺りも設定が徹底している様なイメージです。

改めてお伝えさせて頂きますが、プロバイダーは前述している様にNetEntとなります。

「DOA2」の特徴を見ていこう!

「DOA2」の特徴を見ていこう!

「DOA2」はオンカジのビデオスロットとして様々な特徴を持っております。

その中の一つにフリースピンモードがあり「DOA2」のフリースピンモードは、スキャッター図柄を3個揃える事で12回分のフリースピンをゲットする事が可能になっています。

ちなみに、フリースピンは3つ用意されており「Train Heist」「Old Saloon」「High Noon Saloon」の中から選ぶ事が出来ます。

「Train Heist」は、ワイルドと記載されているロンゲの鉈をもった危なっかしいオッサンの図柄が出る事にマルチプライヤーの倍率が1倍増えていくと言った設定。

16倍になると更に5回分のフリースピンが追加されると言った設定になっている様です。

こんな傍から見るに恐ろしい図柄がオイシイとはとんでも無い話です。

その他「Old Saloon」はフリースピンで成立している配当に、なんと2倍のマルチプライヤーが付与されると言ったボーナスがゲット出来ます。

また、ワイルド図柄が出ると更に5回分のフリースピンを追加で獲得出来る等、サービスが行き届いていると言った印象ですね。

最後に「High Noon Saloon」ですが、リール上に様々なワイルド図が出てきたら、その数に応じてマルチプライヤーが付与されると言った特徴です。

ワイルド図には色々な種類がありますが、やはりロンゲの鉈を持っているオッサンの図柄が恐ろしくて夢に出てきそうです。

図柄も確認しておきます

オンカジに限らず、スロットで遊ぶ際は図柄をしっかりと確認しておく必要があります。

何も分からないまま遊んでいると、何が熱いのか楽しみが半減してしまいますからね。

さて「DOA2」には様々な図柄が存在しており、それぞれに意味があると言われております。

まず「エンブレム、ベルト、帽子、ブーツ、ウイスキーボトル」と言った5つの図柄があり、これらは全て高配当図柄と呼ばれておりチャンスをゲット出来る可能性があります。

他には「A、10、J、Q、K」と言ったトランプをイメージさせる図柄も存在しているのですが、こちらは低配当図柄になってしまう事から、がっかり的なイメージを与えますね。

そして先ほどからお伝えしているワイルド図柄ですが鉈をもった恐ろしいオッサン以外に「ナイフを持った女性、タバコに火をつけるひげもじゃハット爺、2丁拳銃でこちらを威嚇する三つ編みの女性」そして「ヤク

中風の短髪男」と言った形です。

ちなみにスキャッター図柄は3個以上でフリースピンが発動し更に、5個揃うと2500倍と言った一攫千金の配当になると言われております。

結論「DOA2」は面白い!

「DOA2」の設定や特徴について調べさせて頂きましたが、意外に面白しろそうなオンカジスロットだという事が分かりました。

特に難しい設定等もありませんので、シンプル故に奥深いゲーム性で玄人も初心者の方もアツくなれるスロットです。

是非遊んで見て下さい!

オンカジランキング